ステップマザーとの出会いと彼女から学んだ4つの教訓、そして海外生活に挑むまでの経緯/Encounter with My Stepmother, Four Lessons Learned from Her, and the Journey Leading Up to Embracing Overseas Life

ステップマザーとの出会いと彼女から学んだ4つの教訓、そして海外生活に挑むまでの経緯/Encounter with My Stepmother, Four Lessons Learned from Her, and the Journey Leading Up to Embracing Overseas Life

Please scroll to the bottom of the page for the English version.

ステップマザーであるカトリーヌは私の人生の師匠です。バンクーバーに来て大きな壁にぶち当たる度にいつもカトリーヌに連絡をします。そうすると頭の中が整理されて視界がクリアになり、いつも前向きな気持ちになります。精神的につらかった時期に本当に救われました。

この時期についての過去記事はこちらから→https://ayakanoikigaidou.com/post-191/

カナダにいながら得た父からの5つの教訓はこちらから→ https://ayakanoikigaidou.com/post-1107/

カトリーヌとの出会い in 東京

カトリーヌと父は元同僚です。約7年前に2人は結婚しました。私はその頃、今のようにこまめに父と連絡を取り合っていませんでした。そして突然の父からの電話で「再婚するぞ。相手はフランス人だ」と言われました。
前情報一切なしだったので大声で驚き、お祝いの言葉を送りました。さらに「来月市役所に結婚届を出すから休みを取ってお前も来い」と言われ、仕事のシフトを即変更してもらったのを覚えています。

そんな経緯でカトリーヌと初めて出会ったのは彼らの入籍日2016年10月17日です。そしてこの写真はその2ヶ月後の2人の結婚パーティの日に撮ったものです。偶然東京の街でお散歩中の亀に遭遇しました。

カトリーヌと父と重ねた思い出

お互い忙しいなか、東京で何度も3人で食事をしたり、美術館を訪れました。さらに屋久島や乗馬をしに伊豆にも行きました。

日本で日本人のみと過ごす環境で育った私は、初めて外国の人と深く関係を築くことを経験しました。もともと日本ならではの笑いのツボや細かい会話の相性に敏感なところがある私でしたが、根っこの芯の部分の相性が合えばそんな細かいことは関係なく深い関係を築けることを知りました。

海外生活への決意は3人でのフランス旅行がきっかけ

2019年8月にカトリーヌと父は私を彼女の家族に会うためにフランスに連れて行ってくれました。南フランスのビアリッツという街に住むカトリーヌのお母さんに会いに行きました。

彼女はフランス語だけでなく英語が話せました。しかしはるばる日本から会いに来たにも関わらず、私は全く会話ができないただ大人しいだけの自分がとても悔しくなり、この写真の海辺でカトリーヌと2人きりになった瞬間に突然大号泣しました。

これがきっかけで世界で通用する日本人になりたいと強く思い、海外で暮らすことへ挑戦をする決意をしました。

そしてフランスから帰国後、当時29歳だったのでワーホリを申請できる年齢ギリギリ。マンションの解約も決めて、即ビザを申請して準備を始めました。

コロナによりワーホリ計画中止、そして2019年のクリスマスからカトリーヌとの生活がスタート

あの頃コロナが数年も続くとは誰も予想していなかったです。私も少し待てば海外に行けるものだと思っていました。そのため私のマンションを2年先の分まで再延長するよりも、カトリーヌが一緒に暮らそうと提案してくれました。そしてついに彼女との生活が始まりました。

長引くコロナにより数ヶ月の予定がなんと約2年間もの共同生活になります。私は彼女の生き方を毎日目の当たりにし、多くのことを学びました。

彼女と一緒に様々な場所に出かけたのはもちろんですが、カトリーヌ宅にあるこちらの素敵なテラスで過ごした時間がとても良い思い出です。よく一緒にブランチをしました。

このテラスから見える東京の夕日は言葉では表せないほど美しいです。

彼女との共同生活で学んだ4つの教訓

彼女から学んだ教訓は4つあります。

①好きなことや興味のあることに素直に生きる人生

彼女はとにかくアートを愛しています。そのため芸術の知識が豊富で、それらを活かして日本人の生徒さんたちにフランス語を教えています。自分の好きなことを極めて、ビジネスに繋げている彼女はとても輝いています。
やりたいこととお金のバランスが上手く取れているのが、私が彼女を人生の目標にする大きな理由の1つです。

彼女が営むフランス語教室のWebサイトはこちらです。フランス語を学びたいという方は是非ご覧ください。Zoomでの授業もあるので世界中から受講できます。https://ecoleartistes.com/qui-sommes-nous/

②勉学は自由の確立へ直結する

彼女は学ぶことが大好きです。新しい芸術の知識、日本語、そして中国語の勉強も忙しいなかで続けています。彼女は「勉学は人を自由にするから、本当に重要だ」と私に言います。私はいつもそんな彼女の背中を見ていました。

③言葉と行動を一致させる
やるといったことはやる。先延ばしにしない。これを日々体現している彼女だからこそ、彼女のビジネスは信用されて成功し、沢山の生徒さんを抱える人気のクラスなのだと思います。
ビジネス以外でも日常でも彼女は決めたことは必ず行い継続します。だから彼女の成長はとどまることを知らないのです。

④好奇心と冒険心は自分の可能性を広げる

忙しい中でも彼女は休みの日に、美術館に行ったり、友人に会ったり、興味のある新しい場所に行ったりと非常にアクティブに過ごしします。その行動が新しいアイディアや知識の習得、人との出会いに繋がります。
それが結果的に彼女のビジネスの可能性を広げることになっているのです。

2021年12月31日ついにバンクーバーへ

そして彼女と暮らし始めた約2年間後についにバンクーバーへ発ちました。大晦日にも関わらず大好きな友人達がサプライズでお家に見送りに来てくれて本当に幸せでした。

私はカトリーヌにお世話になったお礼として、約2年分の思い出をアルバムにしてプレゼントしました。想像以上に冊数が多くなり、なんと4冊に!!!左下の写真はそれをみんなで見ているものです。

コロナ時期で空港に極力近づかない方が良い時期だったため、お見送りに来てくれた友人達とはカトリーヌ宅の最寄りの駅でお別れしました。

父は私の出発日の約10日前に合った事故による足の治療で入院しており、母は愛知在住のため、空港へはカトリーヌと2人きりで行きました。

彼女と過ごした約2年間を経た後のバンクーバー生活だからこそ、非常に充実度の高いものになっていると確しています。彼女と暮らす前の私は自分の生き方や仕事に対して、どこか甘いところがあったと今振り返ると思います。もしもカトリーヌとの生活がなければ以前執筆したこちらの自分のブレない指針は確立できていなかったと思います。

海外留学、ワーキングホリデーを充実させるために心がけるべき5つの事→https://ayakanoikigaidou.com/post-937/

バンクーバーで増し続けるカトリーヌへの尊敬の念

日本人としてバンクーバーに来てから、いかに彼女が日本という異国の地で、日本語で暮らし、自分のキャリアを積み重ねながら、彼女のビジネスを成功させてきた道のりが険しいものであったか理解を深めることができました。

日本にいたころはその苦労は頭ではわかっていましたが、初めて自分が異国の地バンクーバーでの生活を体験したことで、彼女への尊敬の念は増すばかりです。 バンクーバーでの経験を重ねて、尊敬する彼女に少しずつ近づけていると思います。南フランスの町ビアリッツで決意した海外生活への決意は、私の人生において絶対的に正しかったと言えます。

留学やワーキングホリデーに興味があるけどなかなか行動に移せていない方、是非エージェントへの無料面談から始めてみてください。具体的なプランを組めるので行動に移しやすくなります。こちらがおすすめのエージェントです。

今年11月の日本への一時帰国

私は11月に日本へ1ヶ月滞在する予定です。
カトリーヌと一緒に東京の美術館に行ったり、美味しいものを食べて、とにかく直接彼女の顔を見ながらたくさん話がしたいです。今回は短期間にはなりますが、彼女との日常の生活がまた少しだけ出来るのがとても楽しみです。

彼女に出会っていなかったら、南フランスの海辺で大号泣しながら海外生活に挑戦する決意をしたあの瞬間はなかったでしょう。

バンクーバーに来るきっかけを私の人生に作ってくれたことに、心から感謝しています。そして素敵なフランス人女性と再婚した父にも感謝の気持ちでいっぱいです。

深く感謝を込めてこちらの記事を送ります。

Meeting my stepmother and the four lessons learned, and the process leading up to my overseas life

My stepmother, Catherine, is my mentor in life. Whenever I face a major obstacle after coming to Vancouver, I always reach out to Catherine. Talking to her helps clear my mind and gives me a positive outlook. She truly saved me during a difficult period in my life.

You can read about that period in this past article →https://ayakanoikigaidou.com/post-191/

The five lessons I learned from my father while in Canada are available in this article →https://ayakanoikigaidou.com/post-1107/

Meeting Catherine in Tokyo

Catherine and my father were former colleagues. They got married about seven years ago, and at that time, I didn’t communicate with my father as frequently as I do now. So, when I received a sudden call from my father saying, “I’m getting remarried. The person is French,” I was so suprised and exclaimed loudly. I congratulated him and he then said, “We’re submitting our marriage registration at the city hall next month, so take a day off and come as well.” I remember immediately changing my work schedule.

That’s how I first met Catherine on their wedding registration day, October 17, 2016. This photo was taken two months later on the day of their wedding party. We happened to encounter a turtle while taking a walk in the streets of Tokyo.

Shared memories with Catherine and my father

Despite our busy schedules, we had several meals together in Tokyo, visited art museums, and even went to Yakushima and Izu for horseback riding.

Growing up in Japan surrounded by Japanese people, this was my first experience building a deep relationship with someone who wasn’t Japanese. Although I was sensitive to the nuances of Japanese humor and small talk, I learned that if the core essence of a person aligns with mine, those small details don’t matter, and we can build a deep connection.

Decision to embark on overseas life sparked by a trip to France with the three of us

In August 2019, Catherine and my father took me to France to meet her family. We went to a town called Biarritz in southern France to meet Catherine’s mother.

She could speak not only French but also English. However, despite coming all the way from Japan to meet her, I couldn’t have a conversation at all and felt frustrated. I suddenly burst into tears when I was alone with Catherine on the beach in this photo.

This became the catalyst for my strong determination to become a globally competent Japanese and challenge myself to live abroad. After returning from France, I was just a few months away from reaching the age limit to apply for a working holiday visa, so I decided to cancel my apartment lease and immediately started preparing for the visa.

My working holiday plans were canceled due to the COVID-19 pandemic, and my life with Catherine started from Christmas 2019.

During that time, no one expected that the pandemic would last for years. I also thought that if I waited a bit, I would be able to go abroad. Therefore, instead of extending my apartment lease for two more years, Catherine suggested that we live together. And so, our life together finally began.

Due to the prolonged pandemic, what was initially planned for a few months turned into a shared life of nearly two years. I witnessed her way of life every day and learned many things. While we went to various places together, spending time on this lovely terrace at Catherine’s place holds fond memories. We often had brunch together here.

The Tokyo sunset view from this terrace is indescribably beautiful.

Four lessons learned from living together with her

Specifically, there are four lessons I learned from her.

1. Living a life true to one’s passions and interests

Catherine has a deep love for art. With her extensive knowledge of art, she incorporates it into teaching French to her Japanese students. She excels in pursuing her passion and turning it into a business, which is one of the main reasons why I see her as a role model in life. You can visit her French language school’s website here. https://ecoleartistes.com/qui-sommes-nous/

2. Education leads to personal freedom

Catherine loves to learn. Despite her busy schedule, she continues to expand her knowledge of art, Japanese, and even Chinese. She tells me, “Education frees people, so it’s really important.” I always looked up to her as I witnessed her dedication to learning.

3. Aligning words and actions

Catherine does what she says she will do and doesn’t procrastinate. She exemplifies this in her business and everyday life. It is because of her commitment to her decisions that her business is trusted, successful, and has many students. She continues to grow and never stops.

4. Curiosity and a sense of adventure broaden one’s possibilities

Despite her busy schedule, Catherine remains active. On her days off, she visits art museums, meets friends, and explores new places of interest. These actions lead to new ideas, acquiring knowledge, and meeting new people. Ultimately, it expands the potential of her business.

Arrival in Vancouver on December 31, 2021

After about two years of living together, I finally arrived in Vancouver. Despite it being New Year’s Eve, my beloved friends surprised me by coming to see me off at my home. I was truly happy. As a token of my gratitude to Catherine for taking care of me, I prepared an album containing two years’ worth of memories as a gift. Surprisingly, it turned into four albums! The photo in the bottom left shows us all looking at the albums together.

Since it was not a good time to be near airports due to the pandemic, I said goodbye to my friends who came to see me at the nearest station to Catherine’s place. My father had an accident and was hospitalized about ten days before my departure date, and my mother lives in Aichi, so Catherine and I went to the airport together.

I am convinced that my life in Vancouver after spending about two years with her will be incredibly fulfilling. Looking back, I realize that before living with her, there was a part of me that was somewhat careless and complacent about my way of life and work.

If it weren’t for my life with Catherine, I don’t think I would have established the unwavering principles I wrote about in my previous article → https://ayakanoikigaidou.com/post-937/

Respect and Admiration for Catherine’s Continual Growth in Vancouver

As a Japanese person who came to Vancouver, I have gained a deeper understanding of the challenges Catherine has faced in living and building her career in a foreign country like Japan, where she speaks the language. While I intellectually understood her struggles when I was in Japan, it is only through experiencing life in Vancouver, a foreign land, that my respect and admiration for her have grown.

With each experience I have in Vancouver, I feel that I am getting closer to Catherine, whom I deeply admire. The decision to pursue life overseas, which I made in the town of Biarritz in the south of France, was undoubtedly the right choice in my life.

If you are interested in studying abroad or working holiday but have been struggling to take action, I highly recommend starting with a free consultation with an agent. They can help you create a concrete plan, making it easier for you to take action. Here is a recommended agent.

Temporary Return to Japan in November

I am planning to stay in Japan for one month in November. I am looking forward to going to art museums in Tokyo with Catherine, enjoying delicious food, and most importantly, having many conversations while looking at her face directly. Although this visit will be a short period of time, I am very excited to have a glimpse of our everyday life together.

If I hadn’t met her, I don’t think I would have had that moment of determination to challenge myself to a life overseas while crying my eyes out on the beaches of southern France.

I am sincerely grateful that she has created the opportunity for me to come to Vancouver and make it a part of my life. I am also filled with gratitude towards my father, who remarried a wonderful French woman.

With deep gratitude, I am sending you this article.

error: Content is protected !!