世界中のどこにいても自分の心を豊かにするコツとは?/The key to enriching your own heart no matter where you are in the world

世界中のどこにいても自分の心を豊かにするコツとは?/The key to enriching your own heart no matter where you are in the world

Please scroll to the bottom of the page for the English version.

バンクーバーでの滞在歴がもうすぐ2年になろうとしています。

最近強く感じていることがあります。それがまさにタイトルの答えです。

「現地の生活を経たうえで、たまに観光客の視点でその土地を客観的に見る時間を作ること」の重要性です。

もちろん自分の性格とお国柄の相性もありますし、先進国、発展途上国、田舎、大都市で人によって向き不向きはありますが、基本的に日本にいようが、バンクーバーにいようが自分の心を豊かにするのは自分次第です。

私がバンクーバーに来た初日から求めていたことは、観光客でも留学生でもなく、現地に住む人たちのように暮らすことでした。その意識と実践のおかげで得たものも沢山ありますし、正直精神的に疲れることもあります。

現地で生活するということは楽しいことや綺麗な部分だけではなく、その国のマイナスな部分の両面を見ることです。だからこそストレスを感じるシーンはあります。ただの旅行ではないからです。しかしそれこそが海外生活の醍醐味、そして非常に意味深い経験なのだと思います。

夢カナ留学

私がストレスに感じるバンクーバーの6つの特徴

バンクーバーでの生活で私がストレスに感じる事は6つあります。

①上がり続ける物価

先日たいして美味しくない少量のパスタが27$という事実に、放送禁止用語とともに怒りをあらわにしました。笑(もちろん自宅で)

②騒がしい公共交通機関

日本のように通話禁止のマナーがありません。そもそも基本的に声が大きい人が多いです。

③日本の3倍くらいのボリュームの救急車やパトカーのサイレン

毎回耳を塞いでます。しかしパートナージョセフ曰く、人の声が大きい分サイレンも大きくしなければいけないとのことです。納得です。笑

④今だに理解するのに苦労するスピードの早い英語

特に自分だけに話されてる内容でない複数での会話になると会話の迷子になりがちです。語学のスキルを磨く道のりは想像以上に長く、死ぬまで終わることはないでしょう。

⑤細かすぎるモノマネやあるあるが通じない笑いのツボの違い

たまに恋しくなってインスタやYoutubeを漁ります。

⑥増え続けるヘイスティングスストリートのホームレスとドラッグまみれの景色

パートナージョセフ宅と私の通う学校が、このエリアにあるので、ほぼ毎日悲しい現状を目の当たりにします。

それでもやっぱり住みたくなる街「バンクーバー」の7つの魅力

そんなバンクーバーのマイナスな要素を感じる日々の中、最近ふと純粋に観光客のようになって職場の近所を散歩してみました。
学校、お花とライターの仕事の両立でスケジュールを詰めがちな自分がいたので、久しぶりに単純にボーッとする時間を作りました。

①春から秋はお花でいっぱいの町並み

この写真は9月に入りよく見かけるようになった、私のお気に入りのお花の一つ「秋明菊」です。

②映画に出てくるような素敵なお家やカフェ

こちらは私の職場の近くにあるお気に入りのカフェ「Arbutus Coffee」です。

③徒歩圏内で見える美しいビーチと大きな山々

職場から徒歩で行けるこのベンチから見るキツラノビーチが大好きです。

ビーチと山、ダウンタウンのビルたちが一望できるこの眺めは、バンクーバーらしさが凝縮されています。

④伸び伸びと育った背の高い木々たち

日本ではあまり見かけないサイズの大きな木々が街中に生えています。特に最近は赤や黄色に葉の色が変わり始めていて、とても美しいです。

⑤「あなたの服素敵!」と挨拶のように話しかけてくれる人たち

バスや電車、街中で「あなたの服大好き!どこで買ったの?ブランド名教えて!」と何度も話しかけられたことがあります。また「どこの国出身?」と聞かれて日本人であることを伝えると日本の文化に興味津々の方が多く、たくさんお話してくれます。

⑥同性愛カップルが仲睦まじく堂々と歩く姿

バンクーバーはカナダのなかでも同性カップルが多い街です。町中で幸せそうに歩いている可愛いカップルが沢山います。日本ではあまり見かけない光景です。

⑦様々な国から来た人々で溢れる多文化な景色

多種多様の国から来た人たちに囲まれているこの環境は日本では味わえない非常に貴重な経験です。多文化主義であるバンクーバーだからこその大きな魅力の一つです。

散歩をしたこの日、バンクーバーに来た当初と全く同じ感情を抱き、この街の沢山の魅力を再確認しました。

全てをひっくるめてやっぱりバンクーバーに来てよかったなと思います。
「高すぎる物価、それでも住みたくなる美しすぎる自由な街」それがバンクーバーです。なんとも罪な街です!

日本を出たからこそ確立出来た価値観

日本にいるときに何となく頭ではわかっていた「世界のどこにいようが、自分の心を豊かにするのは自分次第」という価値観を、バンクーバー生活を経て確固たるものに出来た事実は大きな人生の財産だと思います。

留学やワーキングホリデーに興味のある方は是非、エージェントへの無料相談からトライしてみてください。

その向こう側には、自己成長や価値観の変化、大きな器を培うチャンスたくさん待っています。
こちらが私のおすすめの留学エージェントです。

一年後、自分がどこに住んでいるのか?

バンクーバーにいつまでいるの?と家族や友人からよく聞かれますが、自分でもよく分かりません。笑
11月に日本に1ヶ月滞在するのでその時に自分がどう感じるのか確認して、先のことは決めようと思います。

約2年ぶりの日本がどのように自分の目に映るのかを明確にするのがとても楽しみです。更に今回はパートナーのジョセフと行くことで新たな視点がたくさん芽生えるような気がしています。

過去のマインドセット関連の記事はこちらから→https://ayakanoikigaidou.com/category/mindset/

The key to enriching your own heart no matter where you are in the world

My stay in Vancouver is about to reach two years. Recently, I’ve been strongly feeling something important, which is the answer to the title itself: “The importance of occasionally seeing the city from a tourist’s perspective after living locally.”

Of course, it depends on one’s personality and compatibility with the culture, whether it’s in a developed country, a developing country, a rural area, or a metropolis. But fundamentally, whether you’re in Japan or in Vancouver, enriching your own heart is up to you.

What I sought from the first day I came to Vancouver was not to be a tourist or a student but to live like the locals. Thanks to that awareness and practice, I have gained many things, but honestly, it can be mentally exhausting at times.

Living locally means not only experiencing the fun and beautiful aspects but also seeing both the positive and negative sides of that country. That’s why there are moments when you feel stressed—it’s not just a vacation. However, I believe that this is the essence of living abroad, and it’s a very meaningful experience.

The 6 characteristics of Vancouver that I feel stressful are

There are six things in my life in Vancouver that I find stressful:

1.Continuously Rising Prices

Recently, I expressed my frustration with a small, not very tasty pasta dish that cost $27. Laughing, I also used some strong language to express my displeasure.

2.Noisy Public Transportation

Unlike Japan, there’s no etiquette for keeping your voice down in public transport here. In fact, people tend to be loud in general.

3.Sirens Blaring at Three Times the Volume of Japan

Every time, I have to put earplugs in. However, my partner Joseph explained that because people are generally loud here, sirens need to be loud as well. I understand. Laughing.

4.Fast-Paced English that I Still Struggle to Understand

Especially in group conversations where I’m not the sole focus, I often get lost in the conversation. The journey to improving my language skills is longer than I imagined, and it will probably never end in my lifetime.

5.Different Sense of Humor

I sometimes miss the subtle nuances and inside jokes that are popular in Japan.

Occasionally, I spend time scrolling through Instagram and YouTube to catch up.haha

6.The Increasing Number of Homeless and Drug-Affected Scenes on Hastings Street

Since my partner Joseph’s place and my school are in this area, I witness the sad reality almost every day.

Still, here are seven charming aspects of the city “Vancouver” that make people want to live here

1. From spring to autumn, the town is filled with flowers.

This photo features one of my favorite flowers, “Japanese Anemone,” which started to become more common to see as September began.

2.Wonderful houses and cafes that look like they’re from a movie.

This is my favorite cafe near my workplace, “Arbutus Coffee”

3.Beautiful Beaches and Majestic Mountains Within Walking Distance

I love Kitsilano Beach, which is within walking distance from my workplace.Here is the view from that bench. This vista, where you can see the beach, the mountains, and the downtown buildings all at once, truly encapsulates the essence of Vancouver.

4.Tall, Lush Trees Growing Freely

Trees that you wouldn’t typically see in Japan are growing throughout the city. Especially recently, as their leaves start changing to red and yellow, they look incredibly beautiful.

5.Friendly Encounters During Walks

Just by taking a walk, people often greet me with a smile and say, “Your outfit looks great! Where did you buy it? Tell me the brand!” I’ve been approached multiple times on buses, trains, and in the city. When I mention that I’m Japanese, many people express a keen interest in Japanese culture and engage in lively conversations.

6.Same-Sex Couples Walking Happily Together

Vancouver is known for having a significant population of same-sex couples. It’s common to see cute couples walking happily around town, a sight not often seen in Japan.

7.Multicultural Scenery Overflowing with People from Various Countries

Being surrounded by people from diverse backgrounds is a very valuable experience that you won’t find in Japan. Vancouver’s multiculturalism is one of its most significant and unique attractions.

The values I have established since leaving Japan

The fact that, through my life in Vancouver, I was able to firmly establish the belief that “no matter where you are in the world, enriching your own heart is up to you” is a significant asset in my life.

“Where will I be living in a year?”

“How long will I stay in Vancouver?”

I often hear these questions from family and friends, but even I don’t know for sure. haha

In November, I’ll be staying in Japan for a month, so I plan to see how I feel during that time and then make decisions about the future.

I’m really looking forward to seeing how Japan feels to me after two years away. Furthermore, this time I’m going with my partner Joseph, so I have a feeling that it will bring many new perspectives.

You can find past articles related to mindset here:https://ayakanoikigaidou.com/category/mindset/

error: Content is protected !!