親友Ariの母国メキシコへの旅①〜バレエ・フォルクロリコ・デ・メヒコ〜〜/A Trip to Mexico with My Dear Friend Ari Part 1 / Ballet Folklórico de México

Please scroll to the bottom of the page for the English version.

メキシコへ行くと決めた2つの理由

初めにメキシコへの旅を決めた理由についてお話します。

①Ariに会いたい!彼女が生まれ育ったメキシコ文化を体感したい!という想い

去年の1月にバンクーバーで出会い、私の人生で初めての日本人以外の親友となったAriは出会って4ヶ月後に母国であるメキシコに帰国してしまいました。(Ariとの出会いについての詳細はこちらのリンクから→https://ayakanoikigaidou.com/post-583/)

どうしても彼女に会いたくて、大好きな親友の文化を体感したくて、Ariが帰国した2ヶ月後である去年の7月に約10日間Ariのご自宅に滞在させていただきました。彼女は私にメキシコの美しい文化から、普通の観光では経験できないようなリアルな現状まで可能な限り沢山見せてくれました。

②英語とバンクーバーの生活に疲れ始めていた

カナダに滞在して約半年経っていたあの頃、自分が予想していた以上に言葉の壁へのストレスが溜まり始めていました。

日本でのコミュニケーション力に自信があり、それを強みとして生活していた私にとってそれは大きなストレスの要因となりました。かと言って日本語を話しすぎることもあの時の私にはストレスになっていました。なぜなら常に頭の中にバンクーバーにいるからこそ出来ること、カナダに来た目的と繋がっていることを選択して過ごすべきだという強い気持ちがあったからです。(こちらの詳細を書いた記事はこちらのリンクから→https://ayakanoikigaidou.com/post-937/)

そして誰も英語を話さない国に行きたくなり、メキシコ旅行を決めた日の夜に即航空チケットを買いました。

メキシコシティ空港に着いた瞬間、スペイン語が明らかに分からないであろう私に明るくとびきりの笑顔でスペイン語をひたすら話し続ける空港スタッフの方々に癒されました。スペイン語を人生で一度も勉強したことがなくはなから諦めがつくので、理解できなくても何のストレスにもなりませんでした。笑

こちらの写真は日差しに疲れたAriと市場のフルーツジュースでお腹を壊した私です。この日私たちのメキシコの旅を「Grandma’s Adventures」と名付けました。

バレエ・フォルクロリコ・デ・メヒコ(Ballet Folklórico de Mexico)

その中で最も私が感動したメキシコの文化の一つである「バレエ・フォルクロリコ・デ・メヒコ」についてご紹介します。実はメキシコ人であるAriにとってもこのダンスを生で見るのは初めてでした。

「バレエ・フォルクロリコ・デ・メヒコ」とはメキシコの地方や時代の民族舞踊の衣装や踊りを取り入れたバレエです。メキシコの民族音楽を使っていて、マリアッチ(楽団)の活気溢れる生演奏とともに、色彩豊かな衣装を纏った美しい男女のダンサーたちが様々な踊りを見せてくれます。

1952年にアマリア・エルナンデスさんという元バレエダンサーでバレエの教師や振付師だった女性が、自身のバレエ教室を設立したことからはじまり、メキシコダンスアカデミーの一角を借りて8人の生徒さんと「メキシコの現代バレエ」を確立すべくメキシコオリジナルのバレエの振り付けを追求し始めたそうです。

ベジャス・アルテス宮殿(Palacio de Bellas Artes)

そしてこのバレエの劇場となったのは歴史的建造物である「ベジャス・アルテス宮殿:Palacio de Bellas Artes」です。

アール・ヌーヴォー様式の外観とアール・デコ様式の内観が融合されたとてもエレガントな建築です。

メキシコの首都メキシコシティーに位置し、国立劇場と国立近代美術館を併設する宮殿。イタリア出身の建築家アダモ・ボアリの設計で1904年に建設を開始され、イタリア産の白大理石と鋼鉄が使用されました。しかし1910年から1917年にかけて起きたメキシコ革命と経済情勢の悪化により建設は一時中止。その後第42代メキシコ大統領のパスカル・オルティス・ルビオ大統領(Pascual Ortiz Rubio)の指揮で1930年に建設が再開されました。メキシコ出身の建築家フェデリコ・エルネスト・マリスカル・ピニャが設計を担当しついに完成しました。

その後1958年に国立近代美術館として改装されました。美術館ではメソアメリカの彫刻やメキシカンアーティストの絵画・版画・壁画が展示されています。こちらが宮殿内の写真です。

またバレエ公演が行われたこちらの劇場は活火山のポポカテペトル山とイスタクシワトル山からインスピレーションを得てデザインされたそうです。劇場に入った瞬間あまりの美しさに開いた口が塞がらなかったです。まるで映画の中の世界に入り込んだような気分になりました。

バレエ鑑賞後のAriとの帰り道

劇場からAri宅への帰り道、2人でバレエの振り付けの真似をしながら帰りました。お互いのお気に入りのパートは何処だったか、どの衣装が一番好きだったかを伝え合ったり、また男性のバレエダンサーたちはスタイルが良くてイケメンだったので劇場近くのバス停でバスが来るの待ちながら、ばったり彼らに出会ったりしてなんて他愛もない会話をしながら過ごしました。

もちろんメキシコの伝統的なバレエを美しい宮殿で体感できたのは言葉にできないくらいの素晴らしい経験です。でも帰り道の彼女と過ごした時間は旅の中での大切な宝物です。その時の気温や空気感、周りの音なども鮮明に覚えています。

バンクーバーに来ていなかったらAriにも出会えていないので、メキシコにも行っていなかったです。バンクーバーは様々な国々から人が集まっています。ここでの暮らしには、カナダ以外の多様な国の文化も学べる機会で溢れています。異国の文化を直で体験することで人として器は確実に大きくなると思います。

私がカナダ行きを決めて留学エージェントの方との面談を始めた頃、自分にメキシコ人の親友ができるなんて、ましてやカナダを飛び出して彼女に会いにメキシコに行くなんて予想もしていませんでした。小さな行動の先には想像を超える素晴らしい異文化交流が待っています。留学やワーキングホリデーに興味のある方是非エージェントへの無料相談から始めてみてください。

メキシコの旅シリーズ過去記事リンク一覧

Part2〜Ariと彼女の友人達と過ごしたメキシコシティ〜→https://ayakanoikigaidou.com/post-1582/

Part3〜Ariの妹ダニエラとの思い出〜→https://ayakanoikigaidou.com/post-1691/

Part4〜Ariのお母さんパティとメキシコ伝統料理「ポゾレ」〜→https://ayakanoikigaidou.com/post-1897/

Part5〜メキシカンプロレス「ルチャリブレ」〜https://ayakanoikigaidou.com/post-1942/

Part6〜メキシコシティおすすめの美術館5選〜https://ayakanoikigaidou.com/post-2208/

Part7〜初めて単独行動した日とメキシコの治安〜https://ayakanoikigaidou.com/post-2424/

Part8〜予期せぬ3日間の滞在延長〜 https://ayakanoikigaidou.com/post-2592/

Ariとのバンクーバーでの出会いについての記事はこちら→https://ayakanoikigaidou.com/post-583/

A Trip to Mexico with My Dear Friend Ari Part 1 / Ballet Folklórico de México

Two reasons why I decided to go to Mexico

Let me tell you about the reasons behind my decision to travel to Mexico.

Reason 1: I wanted to meet Ari! I desired to experience the Mexican culture in which she was born and raised. I met Ari, who became my first non-Japanese best friend, in Vancouver in January last year. Just four months after our meeting, she returned to her home country of Mexico (you can read about our meeting in this link→https://ayakanoikigaidou.com/post-583/)

I really wanted to see her and experience the culture of my beloved friend firsthand. So, in July of last year, approximately two months after Ari’s return, I stayed at her home for about 10 days. She showed me as much as possible, from Mexico’s beautiful culture to the real-life situations that one wouldn’t normally experience as a tourist.

Reason 2: I was getting tired of English and life in Vancouver. After staying in Canada for about six months, I started feeling more stressed by the language barrier than I had anticipated. I had confidence in my communication skills in Japanese and had relied on them as a strength in my daily life. However, that became a major source of stress for me. On the other hand, speaking too much Japanese also became stressful because I strongly felt that I should choose activities and experiences that were connected to my purpose of coming to Vancouver. (you can read about it in this link→https://ayakanoikigaidou.com/post-937/)

That’s why I wanted to go to a country where nobody spoke English, and on the night I decided to travel to Mexico, I bought a plane ticket right away. When I arrived at Mexico City Airport, I was comforted by the airport staff who greeted me with bright smiles and spoke Spanish non-stop, even though I clearly couldn’t understand. Since I had never studied Spanish in my life, I had already accepted that I wouldn’t be able to understand it, so it didn’t cause me any stress.

The photo here shows Ari, exhausted from the sun, and me, suffering from a stomachache after drinking fruit juice at a market. On that day, we named our trip in Mexico “Grandma’s Adventures.”

Ballet Folklórico de México

Among the Mexican cultures that deeply moved me was “Ballet Folklórico de México,” which I will introduce to you. Interestingly, even for Ari, who is Mexican, it was her first time seeing this dance live.

“Ballet Folklórico de México” is a ballet that incorporates costumes and dances from different regions and eras of Mexico. It uses Mexican folk music, and along with the lively live performances of mariachi bands, beautiful male and female dancers in vibrant costumes showcase various dances.

It began in 1952 when Amalia Hernández, a former ballet dancer and teacher, established her ballet school and started exploring the choreography of Mexican original ballets to establish “Contemporary Mexican Ballet.” She rented a corner of the Mexican Dance Academy and began her pursuit.

Palacio de Bellas Artes

The Palace of Fine Arts And the theater for this ballet is the historic building called “Palacio de Bellas Artes: The Palace of Fine Arts.” It is a very elegant building that combines Art Nouveau exteriors with Art Deco interiors.


The Palace is located in Mexico City, the capital of Mexico, and it houses the National Theater and the National Museum of Modern Art. Designed by Italian architect Adamo Boari, construction began in 1904 using white marble from Italy and steel. However, due to the Mexican Revolution and worsening economic conditions from 1910 to 1917, the construction was temporarily halted. It was later resumed in 1930 under the leadership of the 42nd President of Mexico, Pascual Ortiz Rubio. The design was handled by Mexican architect Federico Ernesto Mariscal Piña, and the Palace was finally completed.

In 1958, it was renovated and transformed into the National Museum of Modern Art. The museum exhibits sculptures from Mesoamerica as well as paintings, prints, and murals by Mexican artists. Here is a photo of the interior of the Palace.

The theater where ballet performances take place was designed with inspiration from the active volcanoes Popocatépetl and Iztaccíhuatl. Upon entering the theater, I was speechless because of its beauty. It felt like stepping into a world inside a movie.

After watching ballet, on the way home with Ari

On the way back home with Ari after watching the ballet, we imitated the dance moves and talked about our favorite parts and the costumes we liked the most. We also noticed that the male ballet dancers had great style and were handsome. While waiting for the bus near the theater, we unexpectedly ran into them and had some lighthearted conversations. Experiencing the traditional Mexican ballet in such a beautiful palace is an indescribable and wonderful experience. But the time spent with her on the way back home is a precious treasure of the journey. I vividly remember the temperature, the atmosphere, and the sounds around us.

If I hadn’t come to Vancouver, I wouldn’t have met Ari, and I wouldn’t have gone to Mexico either. Vancouver attracts people from various countries. Living here provides abundant opportunities to learn about cultures from different nations. Experiencing foreign cultures firsthand undoubtedly broadens one’s horizons and makes them grow as a person.

When I decided to go to Canada and started my meetings with the study abroad agent, I never expected that I would make a Mexican friend and, moreover, travel to Mexico to meet her. Amazing cross-cultural exchanges await beyond small actions. If you’re interested in studying abroad or working holiday, I encourage you to start with a free consultation with an agent.

Link to previous articles in the Mexico travel series: 

Part 2: Exploring Mexico City with Ari and her friends – https://ayakanoikigaidou.com/post-1582/

Part 3: Memories with Ari’s sister Daniela – https://ayakanoikigaidou.com/post-1691/

Part 4: Traditional Mexican dish “Pozole” with Ari’s mom Patty – https://ayakanoikigaidou.com/post-1897/

Part 5: Mexican Wrestling “Lucha Libre” – https://ayakanoikigaidou.com/post-1942/

Part 6: Top 5 Recommended Museums in Mexico City – https://ayakanoikigaidou.com/post-2208/

Part 7: My First Solo Adventure and Safety in Mexico – https://ayakanoikigaidou.com/post-2424/

Part 8: Unexpected 3-day Extension-https://ayakanoikigaidou.com/post-2592/

Here’s the article about how I met Ari in Vancouver – https://ayakanoikigaidou.com/post-583/

7 Replies to “親友Ariの母国メキシコへの旅①〜バレエ・フォルクロリコ・デ・メヒコ〜〜/A Trip to Mexico with My Dear Friend Ari Part 1 / Ballet Folklórico de México”

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です