身の回りにある美しいものや幸せを愛しむ、散歩と生け花の時間〜不平不満とハングリー精神の境界線とは〜/Cherishing the Beauty and Happiness in Everyday Life, the Time for Walks and Flower Arranging ~ The Boundary Between Dissatisfaction and a Hungry Spirit ~

身の回りにある美しいものや幸せを愛しむ、散歩と生け花の時間〜不平不満とハングリー精神の境界線とは〜/Cherishing the Beauty and Happiness in Everyday Life, the Time for Walks and Flower Arranging ~ The Boundary Between Dissatisfaction and a Hungry Spirit ~

Please scroll to the bottom of the page for the English version.

タイトルの意味よく分からないですよね。散歩と生け花がなぜ、不平不満、向上心やハングリー精神の話に飛躍するのか。

今回はそれについて書いていきたいと思います。

パートナージョセフとの散歩と生け花の時間

私とパートナージョセフが大好きな時間の過ごし方があります。

それは「散歩をしながら野花や野草を集めて、家で生け花をする」ことです。

2人で散歩に出かけてこの形が綺麗だね、色がユニークだねと、色々と話しながら材料を集めます。

そして家に帰ると生け花の時間が始まります。バランスや見せる角度について話し合いながら進めます。

始まりは去年の7月28日、私が記念日にこちらの小さな花瓶と剣山をプレゼントしたことからでした。その日、職場のお花を生けて、ジョセフに贈りました。

それ以降、お互いに可愛らしい野花や野草を見つけ、持ち帰って生け変えることが続き、自然な形で習慣になりました。

2023年11月日本の帰国時の生け花

昨年11月の日本への一時帰国時も、散歩をして宿泊先の花瓶を使った生け花の時間を楽しみました。多少喧嘩ムードの時も生け花のあとにはすっかり仲直りしています。笑

飛騨高山のお宿「風屋」

旅の終盤に、奥飛騨にある「風屋」という温泉宿に宿泊しました。東京、京都、金沢、愛知を巡って大忙しだった私たちは、この宿ではスケジュールを立てずにただお部屋でゆっくりと過ごしました。

そして宿の周りの環境は山と川の大自然のみ。

雨の中散歩に出かけて、お部屋で生け花をすることに決めました。

それがこちらの作品。宿のマネージャーさんがとても親切で、事情を話したら和風の素敵なフラワーベースを貸してくださいました。

愛知の実家

母が住む愛知の実家でも、母のお気に入りの花瓶を使って生け花を楽しみました。彼女がとても喜んでくれて嬉しかったです。

2024年2月19日ファミリーデー

カナダでは2月の第3月曜日が「ファミリーデー」という祝日です。久々にジョセフとお休み被ったので、生け花をしました。12月から新しい家に引っ越して同棲が始まりましたがお互いとても忙しく、一緒に近所を散歩するのは初めてでした。

かなり大きい材料を集めたので、今までで一番大きなアレンジメントになりました。笑

花瓶は11月に日本で購入したものです。

身の回りにある美しいものや幸せを見つけて生きる

私が彼との散歩と生け花の時間が好きなのは、日常の身の回りにある美しいものに改めて気づくことができるからです。

人間はなぜ時々日常の幸せを忘れてしまうのでしょうか。

食事を楽しめる健康な体、美しい景色が見える目、家族や恋人、友人と会話を楽しめる声、行きたい場所にいける足、欲しいと思ったものを掴める手、全てが普通のことではありません。

なぜ自分が持っていない要素、欠けているものにフォーカスして、不平不満を言い続けるのでしょうか。

実質0円でオーダーメイド留学|夢カナ留学

不平不満と向上心、ハングリー精神の境界線とは?

しかし私の中で過去に不平不満と向上心、ハングリー精神の境界線が分からなくなった時期がありました。

現状自分が持っているものに目を向けて自分は幸せと言い聞かせることは、自分はこれで良い、十分だと思い込ませて向上心やハングリー精神が下げてしまうのではと考えていたことがあります。

でも二つの要素は相乗効果の関係にあり、比例していることが次第にわかりました。身の回りにある美しいものや幸せを認識することは、自分を成長させる「チャンス」を見つけることでもあります。

「現状自分が持っているものに感謝しながら、上を目指す」その具体例を3つ挙げます。

家族や友人、パートナーの存在

自分の周りの大切な人たち。彼らの存在に目を向けて感謝する気持ちは、自分をもっと成長させて恩返しがしたいという感情に繋がります。

健康な体や頭

五体満足の健康な体は奇跡です。これを意識することで健康体をキープしよう、積極的に行動して新しい経験を積み重ねようというポジティブな精神に繋がります。

また記憶する、学習して次に生かすというスキルだって普通のことではありません。それに改めて気づくことでこの脳みそを生かして新しい知識を学ぼうという感情が湧きます。

お金

世界中が不安定な経済状況のなか、上がり続ける物価に苛立ちを覚えることもありますよね。私も何度バンクーバーの物価の高さに不満を言ったことか。笑

この世から全てのTaxとFeeが消えて無くなればいいのに何度思ったことか。笑

私だってもっとお金が欲しいし、今のアパートは大好きですがもっと大きな家に住みたいし、お金のことを気にせずに毎日外食したいし、旅行がしたいです。

家族全員に航空券をプレゼントしてバンクーバーに招待したいです。

でもこの感情は正しい!

夢カナ留学

散歩=日常、野草や野花=身の回りにある美しいものやチャンス、生け花=築き上げる人生

これでタイトルの意味がやっとわかりますよね!

そんなことを考えながら、今日もパートナージョセフとの生花の時間を楽しみました。職場で廃棄予定だったアリウム2本と前回散歩をしながら集めた苔でつくった土台、私たちのお気に入りのお香セットを合体しました。

おまけの動画は11月に奥飛騨のお宿で撮影したもの。

Cherishing the Beauty and Happiness in Everyday Life, the Time for Walks and Flower Arranging ~ The Boundary Between Dissatisfaction and a Hungry Spirit ~

The title might seem a bit unclear, doesn’t it? Why the leap from strolling and fresh flowers to discontent, ambition, and the spirit of hunger?

Strolling and Flower Moments with Partner Joseph

Joseph and I have a favourite way to spend time together.

It involves “collecting wildflowers and herbs while taking a stroll, then arranging them into ikebana at home.

During our walks, we gather materials, commenting on the beautiful shapes and unique colours. Once back home, the flower arranging session begins. We discuss and collaborate on achieving the right balance and presentation angles for each arrangement.

It all started on July 28th of last year when I presented Joseph with a small vase and a sword lily for our anniversary. On that day, I arranged flowers from my workplace and gifted them to Joseph.

Since then, we’ve been continuously discovering and bringing home charming wildflowers and herbs, making it a natural habit to rearrange and appreciate them together.

Flower arrangement upon returning to Japan in November 2023

Even during my temporary return to Japan last November, I enjoyed taking walks and arranging flowers using the vase at my accommodation. Even during moments of slight tension, after the flower arranging, we completely reconciled haha

Hida Takayama Ryokan, ‘Kaze-ya’

Towards the end of our journey, we stayed at a hot spring inn called “Kaze-ya” in Hida Takayama. After a bustling tour of Tokyo, Kyoto, Kanazawa, and Aichi, we decided to spend our time at this inn without any set schedule.

The surroundings of the inn were nothing but mountains and rivers in the heart of nature.

My parents’ home in Aichi

Even at my mother’s home in Aichi, while taking a stroll around the neighborhood, we gathered wildflowers and herbs. Using my mother’s favorite vase, we enjoyed arranging flowers. She was delighted, and it brought me much joy.

February 19, 2024 – Family Day

In Canada, the third Monday of February is celebrated as “Family Day.” Joseph and I had a day off together for the first time in a while, so we decided to do flower arranging. Since moving to a new house in December, we started living together. Both of us have been quite busy, and this was our first time taking a stroll together in the neighborhood.

We gathered quite a large assortment of materials, resulting in the largest arrangement we’ve ever made, much to our amusement.

The vase was purchased in Japan in November.

Living by finding beauty and happiness in the things around you

The reason I enjoy the time of walking and flower arranging with him is that it allows me to rediscover the beauty in the everyday surroundings.

Why do humans sometimes forget about the simple joys of daily life?

Why do people continue to focus on what they don’t have or what is lacking, expressing discontent?

The Boundary Between Discontent, Ambition, and a Hungry Spirit

There was a time in my life when I couldn’t clearly distinguish between discontent, ambition, and a hungry spirit.

I used to worry that focusing on the things I currently have and telling myself “I am happy” might lead to a belief that I am content and that I have enough, subsequently causing a decline in ambition and a hungry spirit.

However, I gradually realized that both aspects are interrelated and have a synergistic effect. Recognizing the beauty and happiness in the things around me is finding an opportunity for personal growth.

I aim higher while expressing gratitude for what I currently have.” Here are three specific examples.

Family, friends, and the presence of a partner

The cherished people around oneself. Expressing gratitude for their presence leads to a desire for personal growth and a wish to reciprocate.

A healthy body and mind

Having a complete and healthy body is a miracle. Being aware of this can lead to a positive mindset of maintaining good health, taking proactive steps to accumulate new experiences.

Moreover, skills like remembering, learning, and applying knowledge to the future are not ordinary. Recognizing this fact can spark a desire to use one’s brain to acquire new knowledge and skills.

Money

In the midst of the worldwide economic instability, it’s common to feel frustration with the continuously rising prices. I’ve expressed dissatisfaction with the high cost of living in Vancouver many times myself. haha.

How many times have I wished for all taxes and fees to disappear from this world? haha.

I, too, desire more money. While I love my current apartment, I want to live in a bigger house, dine out without worrying about money, and travel. I wish to gift airplane tickets to my entire family and invite them to Vancouver.

This feeling is justified!!!

The difference lies in cultivating the mindset of the latter. If you can develop this thought process, it leads to personal growth.

Walking = Everyday, Wildflowers and Herbs = Beauty and Opportunities in Everyday Life, Ikebana = Building a Life

Now you finally understand the meaning of the title, right?

While contemplating these thoughts, today, I enjoyed another flower arranging session with my partner Joseph. We combined two Alliums that were slated for disposal at work, a base made from moss collected during a previous walk, and our favorite incense set.

As a bonus, here’s a video taken in November at an inn in Okuhida.

error: Content is protected !!