早起きは十文の徳!朝の過ごし方で人生が変わる?〜早起きを習慣化する3つのコツ〜/The early bird catches a ton of worms! Can life change based on your morning routine? 〜The three tips to establish the habit of waking up early〜

早起きは十文の徳!朝の過ごし方で人生が変わる?〜早起きを習慣化する3つのコツ〜/The early bird catches a ton of worms! Can life change based on your morning routine? 〜The three tips to establish the habit of waking up early〜

Please scroll to the bottom of the page for the English version.

皆さんは朝何時に起きますか?起きたらまず何をしますか?

よくネットで見かける「成功する人の5つの習慣」とか「充実した人生を送る10つのコツ」とか、そういう類の記事をなんとなく開いてみると書かれていることが多い「30分でもいいから早起きをする」

私はとにかくどこでもどれだけでもどんな悩みがあろうが、寝れるほど寝ることが大好きです。

そのためいつもそういった記事を読んでも「はいはい、早起きしてなくても充実してます」とか「成功だって早起きに関わらず気の持ちようでしょ」とか素直に受けとらず(捻くれ者!笑)

そして家を出るギリギリの時間まで寝る習慣がありました。

目次

パートナージョセフとの同棲スタートを機に変化した朝の過ごし方

パートナーとの同棲が本格的にスタート

当初は家具も揃っていなかったので、数週間はジョセフとダンボールを敷いて寝てました(思ったよりクッション性があって快適でしたけど)写真はついに寝具が届いた日の写真です。数週間待ったので2人とも大喜びでした。

この2ヶ月半で2人で築き始めた健康的な生活スタイル

仕事や学校、自分のやりたいこと(私はライティング、ジョセフはアート制作)、食事や掃除、料理、睡眠で24時間はあっという間に終わります。またジョセフと休みの日や生活のリズムも違うことも多く、気づくとゆっくりと2人で過ごす時間、お互いのアートやライティングの時間がありませんでした。

いつも1日の終わりにあーあれもやりたかったのにと思うことが多かった私たち。1日が36時間あったらいいのにと毎晩思っていました。

基本的な朝のルーティン

そこで2人で始めたのが朝の時間の有効活用です。こちらが私たちが仕事の日の基本的なルーティンです。

朝5時に起床して、2人でゆっくりコーヒーを飲む。

私は英語スキルがまだまだ改善点なので英語の本を声に出して15分読む。

5時半過ぎにはマンションにあるジムに行って30分のエキササイズ。

6時から6時10分の10分間はジョセフが注文したこちらのツールを使ってパッドワーク(彼と付き合っていなかったら私の人生で一生触れ合うことはなかったであろうアイテム)

半分キレながらやってます。笑

全てのエキササイズを終えた後、7時15分まで私はブログを書いたり、記事を書きます。

ジョセフはアート制作。こちらはジョセフのアート専用の小部屋。

その後は私はシャワーを浴びて出かける準備。

遅くても8時には朝ごはんを2人で食べて、8時半には私は家を出発します。

この3時間で自分がやりたいことや勉強、健康のためのエキササイズの全ての要素ができています。

早起きが苦手だった私が早起きを習慣化できた3つのコツ

しかし冒頭に書いたように本当に寝ることが好きな私は、どんなに早起きしたら充実感が得られるかを頭ではわかっていながらも、これを習慣化するのがとても難しかったです。

この生活スタイルを始めた当初は張り切っていたので出来ていたのに、しばらくして2人と全く出来なかった時期がありました。この時期は「あなたが起きないから私も起きれない」と理不尽な責任のなすりつけ合いをよくしてました。笑

そこで私が見出した早起きを習慣化する3つのコツをご紹介します。

1.アラーム(私の場合は携帯)を自分が起きたら朝一番にすべきことがある場所に置く

これは一番効果があったコツです。

私の場合はまずコンタクトレンズを入れて歯を磨くことから始まるので、前の日の夜に洗面所に携帯をコンタクトレンズと一緒に置きます。

キッチンのテーブルやソファ付近、寝室に携帯をおいていた頃はそこからコンタクトレンズを入れるために洗面所に行くことが億劫で、アラームを止めてすぐベットに戻って気持ちよく二度寝していました。ただ今はアラームと朝一番にすべきことが同じ箇所にあるので、逆に寝室に戻るのが面倒でスムーズに起きれるようになりました。

2.夜9時以降は何もしない

これは仕事が終わる時間帯によって取り入れるのが難しい方もいるかもしれませんが、可能な方は是非!

前の私は時間に関わらずライティングの仕事をしたり、メールの返信をしたりしていましたが、それをやめました。そして夕食後、9時以降はお風呂に入ってベッドに行く習慣をつけました。質の良い睡眠と可能な限り早く寝ることで翌朝スムーズに起きれることに繋がります。

3.早起きした朝の時間は自分が一番やりたいこと(=人生の目標に繋がること)をする

早起きしたご褒美のような感覚で自分が一番やりたいことを朝やるようにしています。私はブログを書く時間がとても好きなので早朝に書いています。またそれが自分の人生の目標に繋がることでもあります。

そうすることで朝起きるのが楽しみになりますよね。ジョセフの場合はそれがアート制作です。

私の場合は、その時間に英語の勉強の時間を入れるようにしています。そしてせっかく頭が最も働く時間帯に起きているのに勉強しないのはもったいないからです。2年間バンクーバーにいますが、自分の英語スキルはまだまだ改善すべき点です。

インスタグラムのチェックや緊急ではないメールの返信をこの時間にするのはもったいないように感じます。それは通勤時間や少しの合間にできるからです。この癖をなくすのが私にはとても難しかったです。

ただいかに早起きした朝の時間が貴重なのかがわかっているで、この癖が出る頻度が非常に少なくなりました。

人との出会いで変わるライフスタイルと人生

この写真は家から近所のスーパーに行く時にたまたま見えた完璧な虹。

2年前に日本からバンクーバーに来た頃、1年で帰国するものだと思っていたし、まさか彼氏ができるとは、同棲をするほど本格的なお付き合いになるとは、同棲を始めて早起きが苦手だった私が毎朝5時に起きれるようになるとは、自分でも想像がつかなかったです。

でも落ち込むことがあっても、ネガティブな感情を抱いても可能な限り早く修正する強さを培うこと。最終的にネガティブな感情すら抱かないような思考回路を鍛えること。ベストを尽くすこと。周りの人に感謝をして恩返しをする姿勢を忘れないこと。

これを常に忘れずに生きていたら、自分でも想像がつかないほどの素晴らしい出会いや将来を引き寄せていくのだと思います。

それを強く体感して確固たる価値観になり始めたのも、33歳の時にバンクーバーにいくことを挑戦したことがきっかけです。何歳からでも挑戦は遅くありません。

もしも留学や海外生活に興味があるけど踏み出せない方がいたら是非、留学エージェントの無料相談から始めてみてください。私はそこから全てが始まりました。リンクはこちらです。

夢カナ留学

毎日の小さな積み重ねが劇的に人生を良いものにする

この写真は全てのルーティンを終えて、朝ごはんを食べる8時頃の窓からの景色。とても美しいです。真っ暗の朝に起きて、日の出を見るこの瞬間も早起きしたご褒美の一つ。

毎朝3時間の中でのエキササイズ、ブログ執筆、英語の勉強、ジョセフと過ごす時間。

この小さな積み重ねは絶対的により良い人生に繋がると確信しています。というか1日の終わりに感じる充実感が増して、すでにより良いものになっています。

早起きは三文の徳という言葉がありますが、三文どころか十文の徳と確実にいえます。

そして色んなサイトで書かれていることと同じことをいいます。笑

「30分だけでも良いので早起きしてみませんか?」

早起きしたい気持ちはあるけど習慣化するのが難しいという方は、是非私が書いた3つのコツを試してみてください:) 

人生は私たちが思っている以上に短く一瞬です。朝の時間を有効活用することで、一度きりの短い人生をさらに有意義なものにできると私は信じています。

The early bird catches a ton of worms! Can life change based on your morning routine? 〜The three tips to establish the habit of waking up early〜

waking up? There are often articles on the internet like ‘5 of Successful People’ or ’10 Tips for Living a Fulfilling Life,’ and many of them mention ‘Wake up early, even if it’s just for 30 minutes.’

Personally, I simply love sleeping so much that, regardless of where I am or whatever troubles I may have, I find great joy in getting a good night’s sleep. Consequently, even when I read such articles, I tend not to take them at face value, saying things like ‘Sure, I’m fulfilled even without waking up early,’ or ‘Success is about mindset, not necessarily waking up early.’ I don’t readily accept them (a bit of a contrarian, haha). And, I used to have a habit of sleeping until the very last moment before leaving the house.

Starting to live togather with my partner Joseph brought changes to my morning routine

Living togather with my partner officially began

At the beginning,we didn’t have all the furniture, so for a few weeks, Joseph and I slept on the floor with just some cardboards (surprisingly comfortable, though). The photo is from the day our bedding finally arrived after waiting for several weeks. Both of us were overjoyed as it marked the end of the wait.

The healthy lifestyle that Joseph and I have started building together in the past two and a half months

Balancing work, school, pursuing our individual interests (I focus on writing, while Joseph engages in art creation), meals, cleaning, cooking, and sleep, the 24 hours seem to pass by in the blink of an eye. Additionally, our days off and life rhythms often differ, leaving us with little time to spend together or for our respective art and writing pursuits.

We often find ourselves thinking about the things we wanted to do but couldn’t find the time for at the end of each day. Wishing for a day to have 36 hours has become a nightly contemplation.

Our Basic Morning Routine

That’s where we started making the most of our mornings. Here’s our basic routine on workdays:

  1. Wake up at 5:00 am and enjoy a leisurely coffee together.
  2. As my English skills are a work in progress, I spend 15 minutes reading an English book out loud.

Around 5:30 am, we head to the gym in our apartment complex for a 30-minute workout.

  1. From 6:00 am to 6:10 am, I use a tool that Joseph ordered for pad work (an item I might never have encountered in my life if not for him)
  2. After completing all exercises, until 7:15 am, I write blog posts and articles, while Joseph focuses on his art in his dedicated art room.
  3. I then take a shower and get ready to leave. By 8:00 am at the latest, we have breakfast together, and by 8:30 am, I’m out the door.

In these three hours, we manage to cover everything we want to do for ourselves, including studying, pursuing personal interests, and incorporating elements of exercise for health.

Three Tips That Helped Me Turn Early Rising into a Habit, Even Though I Wasn’t a Morning Person

However, as I mentioned earlier, being someone who genuinely loves sleeping, despite understanding intellectually how fulfilling early rising could be, establishing this habit was challenging. While we initially started this lifestyle enthusiastically and succeeded, there was a period when both of us struggled to maintain it. During this time, we often engaged in unreasonable blame games like ‘I can’t wake up because you don’t wake up.’ (haha)

So, I’d like to share the three tips I found to be effective in making early rising a habit.

1. Place the alarm (in my case, my phone) at the spot where the first task of the morning should be done once I wake up

This was the most effective tip for me. In my case, it starts with putting in contact lenses and brushing my teeth, so I place my phone in the bathroom along with the contact lenses the night before. When I used to keep my phone near the kitchen table, sofa, or in the bedroom, I found it inconvenient to go to the bathroom to put in my contacts after turning off the alarm.

I would often return to bed immediately and enjoy a comfortable snooze. Now that the alarm and the first task are in the same location, it has become more hassle to go back to the bedroom, making it smoother for me to get up.

2. Avoid doing anything after 9:00 PM

While it may be challenging for some due to work commitments, if possible, give it a try! I used to engage in writing or responding to emails regardless of the time, but I stopped that habit. After dinner, I established a routine of taking a bath and heading to bed by 9:00 PM. This leads to better sleep quality and makes it easier to wake up smoothly the next morning.

3. Use the early morning time to do what you want to do the most (= something that contributes to your life goals)

I treat the early morning as a reward for waking up early and spend that time doing what I love the most. Personally, I enjoy writing blog posts, and doing it in the early hours contributes to my life goals. This makes waking up in the morning something to look forward to. For Joseph, it’s his art.

In my case, I use that time for English study, as it feels like a waste not to study during the time when my mind is most active. Although I’ve been in Vancouver for two years, my English skills still have room for improvement.

Checking Instagram or replying to non-urgent emails during this time feels like a missed opportunity. I can do those during commuting or in small breaks. Breaking this habit was quite challenging for me, but understanding how valuable the early morning time is has significantly reduced the frequency of this habit.

Lifestyle and Life Changes Through Encounters with People

This photo captures a perfect rainbow I happened to see when going to the nearby supermarket from home.

When I came to Vancouver from Japan two years ago, I initially thought I would return within a year. I never imagined having a boyfriend, let me entering a serious relationship leading, starting to live also transformed me into someone who could wake up at 5:00 AM every morning, which was something I struggled with.

Even in moments of discouragement or negativity, cultivating the strength to correct them as quickly as possible is crucial. Training oneself to develop thought patterns that avoid even harboring negative emotions and giving one’s best effort. Never forgetting to express gratitude to those around you and maintaining an attitude of repaying kindness.

Living by these principles, I believe, attracts incredible encounters and a future beyond one’s imagination.

Everyday Small Steps Dramatically Improve Life

This photo captures the view from the window around 8:00 AM, after completing all routines and having breakfast. It’s exceptionally beautiful. Waking up in the pitch dark morning to witness this moment of sunrise is one of the rewards of early rising.

Within these three hours each morning, there’s time for exercise, blog writing, English study, and moments with Joseph. I am confident that these small daily steps undoubtedly lead to a better life. The sense of fulfillment at the end of each day has increased, and life is already becoming better.

There’s a saying that ‘he early bird catches the worm’ and I can confirm it’s more than just the worm, it’s a ton of worms. It’s essentially the same advice you find on various websites – ‘Why not try waking up even just 30 minutes earlier?’

For those who have the desire to wake up early but find it challenging to make it a habit, I encourage you to give my three tips a try 🙂

Life is shorter and more fleeting than we often realize. By making the most of the morning hours, I truly believe we can turn our once-in-a-lifetime short life into something even more meaningful.

error: Content is protected !!