花冠ワークショップでのお仕事 in バンクーバーと元職場のフローリスト「ANIMA GARAGE」in 東京/Florist at Flower Crown Workshop in Vancouver and Previous Workplace “ANIMA GARAGE” in Tokyo

花冠ワークショップでのお仕事 in バンクーバーと元職場のフローリスト「ANIMA GARAGE」in 東京/Florist at Flower Crown Workshop in Vancouver and Previous Workplace “ANIMA GARAGE” in Tokyo

Please scroll to the bottom of the page for the English version.

先日私の働くバンクーバーのフローリストで、花冠のワークショップが開かれました。この日はもともとお休みのシフトだったのですが、どうしても働きたくてストアマネージャーに伝えたところスケジュールを即変更してくださり、スタッフとして参加することができました。自分で作った花冠を嬉しそうに着用して幸せそうなお客様の笑顔が見れてとてもよい時間でした。お花は人を幸せにする力があると再確認できた瞬間でした。

フローリストのお仕事関連の過去記事はこちら→https://ayakanoikigaidou.com/category/florist/

右下の写真はこの日の仕事帰りにパートナージョセフに会い、試しに花冠をつけてみたら悔しいことに私よりも似合っていたので撮りました。

フローリストの仕事に興味を持ち始めた理由

私はバンクーバーに来る前に東京でアパレルの仕事をフルタイムでしながら、副業として週一回だけフローリストで働いていました。

私は昔から自分の興味のあることを体験する時にただの「お客さん」である自分に満足ができず、その人達のスキルが羨ましくなったり、裏側を見たくなったりする傾向があります。

例えばディズニーランドでパレードを見て感動すると同時に、ダンサーの方々やミッキーの中に人のスキルに嫉妬してます。笑 

もう1つ具体例をあげると、素晴らしいアーティストの作品を見て感激すればするほど、その才能が欲しくなります。ミュージシャンのライブに行っても同じ感情を抱きます。
スポーツとか金融などにはあまりその感情を抱かないので、どうやら芸術やエンターテイメントだけに抱くようです。

私はお花の仕事を始める前から美術館に行くのが好きでした。しかしその度に自分の手から何も作り出すスキルがない自分が悔しくなりました。でも絵を書くのも好きではないし、、、歌もダンスも笑えるくらい下手。そんな事を考えていた矢先に、大好きなお花で美しいアレンジメントを作るフローリストの仕事に興味を持ち始めました。

ゼロから何かを作り出すのは得意ではないのですが、美しいものを組み合わせて1つのものを作っていくフローリストの仕事は、本業のアパレルのお仕事に通ずるところもありました。色のコーディネートで遊んだり、それぞれのシェイプを活かして組み合わせを考えるところが共通点です。

しかし東京のフローリストの募集要項をみるとほぼ全てが経験者のみの採用でしたし、さらに本業のアパレルの仕事も好きでした。だからと行ってアレンジメントのクラスを何処かのお花屋さんで受けるのもしっくり来ませんでした。なぜならただの「お客さん」だからです。
実際に働いて、どのようにビジネスが成り立っているのか、そして体力勝負な部分や地味で大変な部分も知りたかったからです。

東京「ANIMA GARAGE」との出会い

そしてありがたい御縁から幸運なことに、アパレルのお仕事をフルタイムでしながらも週一で働かせてもらえる素敵なフローリスト「ANIMA GRAGE」のオーナーの慶太さんに出会いました。

東京で個性的なお花屋さんをお探しの方は、東京の荒川区町屋の情緒溢れる下町の一角に突如現れる洗練された異空間「ANIMA GARAGE」に是非足を運んでみてください。オンラインのオーダーももちろん行っているので全国からオーダーしていただけます。アレンジメントのテイストはもちろん、仕入れる花瓶や食器、小物のセンスも秀逸です。そして実はお店の奥に入るとこのかわいいフクロウ「てんぷら」が潜んでいます。オーナーの慶太さんの相棒です。私が働いていた時もいつもてんぷらが横にいました。

「ANIMA GARAGE」のWebサイトは只今改装中ですが、インスタグラム「animagarage.flower」から全て見ていただけます。オーダーもこちらからしていただけます。

またこういった落ち葉を敷き詰めるイベント装飾やアンティーク花瓶の販売も行っています。

こちらの写真に写っているのがオーナーの慶太さんとてんぷらです。

さらに私にとってオーナーとの会話は、真剣な話から他愛もない話まで、どれだけ話してても話題が尽きず、よく仕事のあともずっと店に残って喋っていました。

実は彼はフローリストと電気技師という2つの顔を持っていて、さらに家具のデザインなども行っています。

ここで 彼と働いていた時間は非常に有意義で、私のお花への興味をさらに深くしました。今の職場とはまた違ったスタイルです。ANIMAのスタイルも洗練されていて大好きです。

さらに仕事の垣根を越えて、慶太さんは兄のような存在です。と私の父やステップマザーとも何度も会っています。仕事からプライベートまで大変お世話になり、心から感謝しています。

東京でのフローリストの経験は言葉の壁を越える度胸に

「ANIMA GARAGE」で働き出した頃は自分がバンクーバーに行くことは全く考えていませんでした。しかし海外生活に挑戦するプランを組み始めてから「バンクーバーでの仕事はフローリスト」と決めていました。

その理由について詳しく書いた記事はこちらから→https://ayakanoikigaidou.com/post-55/

自分の興味のあることやワクワクすることに正直になって人生を選択して生きていくと、思わぬところで別々だった事柄がひとつに繋がりさらに成長に繋がり人生が豊かになります。私の場合はそれが「フローリスト」と「海外生活」でした。

英語の自信のない私にとって、週一回だけの勤務ながらも「ANIMA GARAGE」で働いていた貴重な経験はバンクーバーでの仕事探しの際の度胸に繋がりました。お花の世界は本当に奥が深いので、まだまだ知識や技術不足のところがあり、日々修行中です。

英語もフラワーデザインのスキルも日々精進。日進月歩。人生死ぬまで勉強です。

留学エージェントへの無料相談がはじめの一歩

留学やワーキングホリデーに興味があるけどなかなか行動に移せていない方は是非留学エージェントへの無料相談から始めてみてください。「バンクーバーでフローリストの仕事やってみたいんです。」と担当のエージェントの方に相談した時に「全然ありです!いけると思いますよ!バンクーバーはたくさん素敵なお花屋さんがあります。」と返ってきた時に、自分のプランに現実味が出てきてとても嬉しかったのを覚えています。

私のおすすめのエージェントはこちらです。是非ご興味ある方はご予約してみてください。

Florist Job at Flower Crown Workshop in Vancouver and Former Workplace “ANIMA GARAGE” in Tokyo

A flower crown workshop was held at the florist where I work in Vancouver. It was originally my day off, but I really wanted to work, so I told the store manager, and they immediately changed my schedule so I could participate as a staff member. I was very happy to see the customers wearing the flower crowns I made with delighted expressions on their faces. It was a moment when I reaffirmed that flowers have the power to make people happy.

The reason I became interested in florist work

Before coming to Vancouver, I worked full-time in the apparel industry in Tokyo while also working as a florist once a week as a side job. I have always had a tendency to feel unsatisfied being just a “customer” when experiencing things that interest me, and I often feel envious of people’s skills or want to see the behind-the-scenes. For example, when I watch a parade at Disneyland and am impressed, I also feel jealous of the skills of the dancers or the people inside the Mickey costume. Laughing I feel the same way when I see the works of amazing artists. Whether it’s going to a musician’s live performance, I have the same emotions.

I’m not particularly drawn to sports or finance, so it seems that I only have these feelings for art and entertainment. I have always enjoyed visiting art museums and galleries, but every time, I felt frustrated that I didn’t have the skill to create something with my own hands. However, I don’t enjoy drawing, and I’m bad at singing and dancing to the point where it’s comical. While pondering over this, I started to become interested in the work of a florist, creating beautiful arrangements with my beloved flowers.

Although I’m not good at creating something from scratch, the work of a florist, where you combine beautiful elements to create something, has similarities to my main job in the apparel industry. It involves playing with color coordination and considering how to combine different shapes. However, when I looked at the job postings for florists in Tokyo, almost all of them required experience, and I still enjoyed my main job in the apparel industry. So it didn’t feel right to take a flower arrangement class at some flower shop because I would just be a “customer.” I wanted to actually work and learn how the business operates, as well as experience the physical and challenging aspects.

Encounter with “ANIMA GARAGE” in Tokyo


Fortunately, thanks to a grateful connection, I met Keita, the owner of ANIMA GARAGE, a wonderful florist where I have the opportunity to work one day a week while working full-time in the apparel industry.

For those looking for a unique flower shop in Tokyo, I highly recommend visiting ANIMA GARAGE, a refined and otherworldly space that suddenly appears in a nostalgic corner of Arakawa-ku Machiya. They also accept online orders, so you can order from anywhere in the country. Their arrangement style is impeccable, and their selection of flower vases, tableware, and accessories showcases their excellent taste. And here’s a secret: their adorable owl companion, “Tempura,” is also waiting at the shop. Tempura was always by my side when I used to work there.

The website for ‘ANIMA GARAGE’ is currently under renovation, but you can view everything on Instagram at “animagarage.flower”‘ You can also place orders, of course.

Furthermore, the conversations I had with Keita, the owner, were meaningful, ranging from serious topics to casual conversations. We could talk endlessly, even after work, and I often stayed at the shop and chatted with him. In fact, he has two roles: florist and electrician, and he also works on furniture design.

The time I worked with him was extremely valuable and deepened my interest in flowers even more. Additionally, beyond work, Keita became like an older brother to me, and I have met with him and my father and stepmother many times. I am truly grateful for his support in both work and personal life.

The experience as a florist in Tokyo gave me the courage to overcome the language barrier

When I started working at “ANIMA GARAGE,” I never thought about going to Vancouver. However, when I started making plans to challenge myself with overseas living, I decided that my job in Vancouver would be as a florist.

I wrote in detail about the reasons for this decision in an article here https://ayakanoikigaidou.com/post-55/

When you are honest about your interests and what excites you and choose to live your life based on those things, unexpected connections can be made, and separate aspects of your life can come together and lead to further growth, enriching your life. For me, those aspects were being a “florist” and experiencing “overseas living.”

As someone who lacked confidence in English, the valuable experience of working at “ANIMA GARAGE,” even though it was only once a week, gave me the courage to search for work in Vancouver. The world of flowers is truly deep, and I still have a lot to learn in terms of knowledge and technical skills. I am continuously improving my English and floral design skills. It’s a constant learning process throughout life.

Taking the first step with a free consultation with a study abroad agent

If you are interested in studying abroad or a working holiday but haven’t been able to take action, I recommend starting with a free consultation with a study abroad agent. When I consulted with an agent and said, “I want to work as a florist in Vancouver,” the agent responded, “That’s absolutely possible! Vancouver has many wonderful flower shops.” I was very happy because my plans started to feel more realistic. Here is the study abroad agent I recommend. If you are interested, please make a reservation and give it a try.

error: Content is protected !!